Just another WordPress site

「はじめての食材効能薬膳」国際薬膳学院認定講座に参加して『食材ソムリエ』の認定証を頂きました!!

 
食材ソムリエ認定証
この記事を書いている人 - WRITER -
広島県庄原市で"ヤマザキYショップ"を経営しつつ、各地でフラワーアレンジメント教室を開催。生年月日占い。健康オタク。カープ女子。2019年1月9日19時19分に入籍。47歳 新婚1年目。

こんにちは〜ヤマザキYショップ総領原店、『健康オタク』かこ姫店長です。

今回は、以前参加させて頂いたことのある田中淳子先生の講座に参加して、『食材ソムリエ』の認定証を頂きました。

食材ソムリエ認定証

8/3(土)認定証が届きました!

前回、田中淳子先生の講座に参加したのは、昨年2018年9月、『ぬか床作り教室』でした。その時、偶然にも『ほのか薬局』の大井さんも参加されていて、一緒のグループでぬか床作りをしました。

~さくらさく~田中淳子先生の発酵食やぬか漬け、重ね煮のお味噌汁『ぬか床料理教室inことり日和』に参加しましたよ〜

あれから、足し糠をしながら、ずっとぬか漬けを作って楽しんでいました。まだ夫君とお付き合いをしていた時もぬか漬けを食べて、美味しいと言ってもらっていたものです!!が、、、冬になって、1月2月辺りで全く作らなくなり、、、かき混ぜる事も無くなり、、、春が来る頃、再びぬか床をみてみると、青カビが生えていたのです!!これは、もうダメな感じ!?う〜ん、無理かも!!!と捨ててしまいした。が、やっぱり、ぬか漬けを作りたくなったので、4月くらいになって、前回受講した時のレシピを見ながら、一からぬか床作りをして、現在は毎日、ぬか漬けを作って食べています。

1度全部捨ててしまって、一から新たにぬか床を作ったお話を田中先生にすると、青カビが生えても、上の方だけ取って、下の方は、残して使って大丈夫よ〜。うちの子(ぬか床)を少し持って帰って混ぜてあげたら、また、90年物のぬか床になるから、やってみて〜!!とぬか床を分けて頂いたので、また、明日から、ぬか漬けの味がぐっと美味しくなります!!!

話は、それましたが、今回の講座は、ぬか床教室ではなく、『食材効能薬膳講座』です。この講座は、はじめて薬膳に触れる方の為に分かりやすく、まとめられていて、講座を受講して、テストに合格すると、国際薬膳学院認定の『食材ソムリエ』の認定証が頂けるんです。「はじめての食材効能薬膳」タイムスケジュールは、次の通りです。 

1日目 10時~12時 ❋薬膳について ❋薬膳の取り入れ方 ❋季節と五臓の関係  ❋五味 ・ 五色の特徴について

    13時~17時 食材の薬効について

2日目 10時~12時 ❋試験前の質疑応答  ❋試験(1時間)

    13時~16時 ❋テスのト内容解説  ❋認定書発行について

テキスト ・ 薬膳茶 ・ 薬膳ランチ(一汁一飯)つき 持参物 : 筆記用具

ところが、1日目の前日にお店のスタッフで、妹の嫁ぎ先のお姑さんが亡くなって、1日目の講義に参加する事がが出来なくなってしまったのです!!そこで、田中先生に事情をお話して、別の日程で調整をお願いしたところ、私一人の為に時間をさいて、補講をして頂けて、本当に感謝です。10時から17時まで、マンツーマンの講義をとても分かり易く教えて頂いて、1日があっという間に終わりました。が、日程がずれた事もあって、2日目の試験までの期間が1週間と短くなってしまった上に、妹のなみさんが葬儀後の色々な手続き等の為、仕事をお休みすることも重なって、試験勉強の時間が取れなかったのです(汗)試験日8月21日(日)の前日は、夫君の実家西城に帰省していても、ほぼ1日、部屋に籠って、食材ソムリエの勉強をしていました(笑)

試験当日、初めて、今回一緒に受講するお仲間とお会いしました。福山市熊野町、えんがわカフェ『くまのげんき』の森田さんと大山さんです。お二人は、畑で作ったお野菜を使ったカフェを今年の3月にオープン!!そのカフェのメニューに薬膳を取り入れたいと今回の講座を受講されたそうです。

ところで、試験の結果は?? 3人とも見事、合格!!!!『食材ソムリエ』に認定されました!!

ヤマザキYショップでは、これまでも、高齢者の方のお宅に商品を配達する宅配サービスをしていますが、これからは、薬膳の知識を生かして、食養生の大切さを伝えながら、地域の高齢者の方によりまめに(健康で)、長生きしてもらえるような食を提供出来たらなあ〜。

とは言え、例えば、目が疲れているときは、人参を食べるといい。イライラしているときは、ピーマンがいい。滋養強壮作用のある元気の源には、山芋がお勧め。白ごま、黒ごま、大根、トマト、椎茸、海老、鯛は、、、などなど。色々な食材に関する薬効を勉強した事を忘れないように!!まずは、お店の中にある野菜や果物、食材にどんな薬効があるのかを自分自身が日々の食事に生かしながら、それをお店のポップや宅配通信、ニュースレターなどにアウトプットして、お客さんの食養生に役立つことから始めてみようと思います!!

今回の薬膳のお勉強でも、キーワードは、『中庸』でした。未来の健やかな体を手に入れるためには、「何でもほどほど」偏りがなくバランスが良い状態です。これさえ食べていれば大丈夫と言う事はありません。また、食材にこだわって、毎日手間ひまかけて食事を厳選するというのも、偏っていると言えなくもありません。難しく考える事なく、その季節の旬の食材を食べると言う事が一番の健康法なのです。何故なら、私たち人間も自然界に暮らす生物の一部です。同じ自然の力に育まれて育った旬の食材は、人間にとっても必要な力をしっかりと持っているのです。ただ、現代は、お店に行けば、いつでも色々な野菜が売られていて、昔のように野菜の旬が分からなくなっているのです。

また、自然界に存在する5つのもの(木・火・土・金・水)が持つ性質で身体の中の臓器や特徴を分類することができるという中医学の『五行学説』もキーワードです。酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味の五味・緑・赤・黄・白・黒の五色がどのようにそれぞれの季節や臓器をうまく調整するために働くかを学びました。

今回の講座では、毎回、田中先生の薬膳ランチがついています。

薬膳ランチ

枝豆ごはん、夏野菜と白きくらげスープ、黒酢炒め、スイカ甘酒。

身体に優しく、とっても美味しかったです。

私が作るいつもと変わらぬぬか漬けですが、食材の効能は?

人参・きゅうり・アボカド・玉ねぎのぬか漬け

人参・きゅうり・アボカド・玉ねぎのぬか漬け

 

人参・・・赤い野菜の人参は、血を補い、目を健やかに保ちます。貧血や夜盲症・眼精疲労・ドライアイ・視力低下などの症状改善に良い食材です。日頃、経理仕事で、いつもパゾコンを使って目が疲れがちの夫君におすすめ。

玉ねぎ・・・身体を温め血液の巡りを良くして、血栓が出来るのを防ぎます。

きゅうり・・・火照りをさます作用が強く夏バテ防止におすすめの食材。週末、西城に帰っての農作業で、熱中症気味の夫君にもおすすめ。

アボガド・・・緑の野菜は、ストレス(自律神経系)や血液量のコントロール・解毒の働き(肝)を助けます。血液サラサラ効果、お肌ツルツル効果のアボガドは、私におすすめ(笑)

『はじめての食材効能薬膳』は、とても興味深く、楽しいので、特にお仕事に活かす考えがない方でも、自分と家族の食養生にもお勧めです!!興味のある方は、是非、田中淳子先生のブログより、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県庄原市で"ヤマザキYショップ"を経営しつつ、各地でフラワーアレンジメント教室を開催。生年月日占い。健康オタク。カープ女子。2019年1月9日19時19分に入籍。47歳 新婚1年目。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤマザキYショップ店長かこ姫の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.