Just another WordPress site

中野孝次訳(解説つき)鴨長明さんの『方丈記』を46歳になって、初めて読んでみました!!

2019/05/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島県庄原市で"ヤマザキYショップ"を経営しつつ、各地でフラワーアレンジメント教室を開催。生年月日占い。健康オタク。カープ女子。2019年1月9日19時19分に入籍。47歳 新婚1年目。

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし、、、

こんにちは、ヤマザキYショップ総領原店、かこ姫店長です。

ここまでは、暗記しているくらい中学か高校の古文で勉強したような気がしますが、46歳の現在に至るまで、全文を読んだ事はありませんでした。

『陰陽五行から見る日本の伝統文化連続セミナー第3回目in世羅』のセミナーで『方丈記』は、読んでみた方が良い!!と講師の柿原先生(かっきー)が言われていたので、中野孝次さん訳、解説つき、鴨長明さんの『方丈記』を読んでみました。

すらすら読める方丈記

もって生まれたもの、身体とか心とか、趣味思考、喜びを感じる事、嫌だと思う事…って人それぞれ。それを否定して、その時代の良いとされる事をやったからといって、幸せにはなれる訳じゃない。

人から見て幸せかどうかではなく、自分が幸せかどうかが大事なのかなあ〜と思って読み進めていたら、途中まで読んで、ん??長明さん、ちょっとわがままなんじゃないの!!貰えそうだった役職に就けなかったけど…それでも、心をかけてくれる人がいて、別の相当の役職をわざわざ準備しようと言ってくれたのに、それを蹴って、山の中にこもってしまうなんて!!!

ここで、少し長明さんに不信感を抱きつつ…でも、投げださず(笑) 最後まで読んで良かった😆

最後には、自分を批判する人から自分がどう観られているのかも、客観的に捉えて、それも踏まえた上で、私の生き方は、こうだ!なんか文句あるか!!って感じ👍長明さんは、この世に生まれてきて、色んな困難を経験して、見たり聞いたり感じたりした事、自分自身を表現する手段を見失わなかった!心一つに生きた人!なのかも。

長明さんの生きた時代も、今の時代でも、心一つに生きるって、難しい!!!と私は思います。

でも、そうできたら、それが一番幸せなのかもしれませんね〜💓

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県庄原市で"ヤマザキYショップ"を経営しつつ、各地でフラワーアレンジメント教室を開催。生年月日占い。健康オタク。カープ女子。2019年1月9日19時19分に入籍。47歳 新婚1年目。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤマザキYショップ店長かこ姫の公式サイト , 2018 All Rights Reserved.